“Soul to Soul” Suga Pimps Official Blog

sugapimps.exblog.jp

ブログトップ

2008年 12月 01日 ( 1 )   

'08 11月30日 初バンドリハ   

2008年 12月 01日

今日は待ちに待ったパーマネントバンドを決める初めてのリハーサルを池袋にて行った。
実はずっと前から、目をつけていた若いミュージシャンに声をかけていたのだ。
最初にFunky-Tと待ち合わせるてスタジオに入り、打ち合わせをしながら、どんなバンドになるのか期待と不安に駆られつつ、待っていると・・・。
いました!ギタリスト、ラッシーこと五十嵐君26歳、ベーシスト、エビちゃんこと海老沼君24歳、そして、On ドラムス、んんっ!いない!なんだよ!!しょんべんちびって消えちまったのか~?
初めて会ったのは、2年前彼が高校生の時、とあるセッションライヴで彼のプレイを聴き、「高校生でこのグルーヴ、絶対にものになる!唾つけとこう!!!」と思って
「良いグルーヴしてるね!俺は普段ソウルバンドやってんだけど、君のグルーヴ感、凄く好きだよ。バンドを作ろうと思ってるんだけど今後一緒にやらないか♪」
と伝えた祐ちゃん事、祐一君20歳。
と、思ったらいました。
なんだよ!ウンコしてたのか!!!???っと冷やかしつつ全員揃った。
俺たちSuga-Pinpsは、とにかくパーマネントバンドを作ってお客さんが本当に喜んでくれる
ソウルショーをやりたいんだ!と、集まったメンバーに意思を伝えつつ、1は発目はSoul manを!
イントロの瞬間、自身の無さそうな3人に雰囲気にヤバイな~なんて思いきや、俺たちが歌い出した瞬間、
めっちゃ気持ち良いグルーヴ♪「お前たちわかってるやん!!!」って思ってFunky-T見ると、めっちゃ嬉しそうに歌ってまんがな。
実は、Funky-Tがこのバンドの話を友達にした時に「20代の若い人はSuga-Pinpsのバックは合わないかも」とか「ある程度歳を重ねているからSuga-Pimpsと合うんだ」という意見(本当に俺たちのことを思って意見してくれた) もあったが、終わり方も決めずに始まった曲に終わりの合図を送るときっちりエンディングに。
「いける!」直ぐにWho's making love
勿論、今回俺は譜面も渡してないし、メンバーそれぞれが自分でコピーして演奏してる。
エンディングを迎える頃には俺もFunky-Tもニンマリ。
じゃ、俺たちがコニマスさんのアルバムでも歌ったLately。
バッチリです!バック3人でいける?Ryan Shawみたいに!!!と思いながら
最後、俺たちも歌ったことが無いI Wish。
しかも、ライヴ院蛇パンバージョン、めっちゃ難しいぞ!
これが出来たら全員合格だ!
ほとんど俺たちも歌った事がない曲だ。おお!少し重い感じだけどやっぱ良い!
リハを重ねていけば凄いぞ!!!剛科9!!!

スタジオの終了時間は関係なしに速攻、皆で呑みに行きました。

今後、どうゆう形でお披露目できるかわかりませんが、初は来年になると思います。
みんな若くてカッコ良く本当に可愛いよ!
そして何より3人とも良い奴らです!!!!!
お楽しみに!!!!!
むふふふふっ。
[PR]

by sugapimps | 2008-12-01 00:06 | JUN-BAY | Comments(5)