“Soul to Soul” Suga Pimps Official Blog

sugapimps.exblog.jp

ブログトップ

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

長崎行ってきます♪   

2010年 05月 29日

Jun-Bay、今日から長崎のTin Pan Alleyに2日間の仕事に行って来ます。
留守中はFunky-Tが書いてくれると思うので(期待しないで下さい)
安心して長崎に行ってきます♪パリスの歌楽しみだな~!

ところでiPad買った人いますか?もんすごいほしかーーーー!w
↓iPadの素晴らしさを広島弁で説明してくれるよ♪

[PR]

by sugapimps | 2010-05-29 03:58 | Comments(3)

もうだいぶ古いですが...   

2010年 05月 26日

忙しくてコメント返せなくてすんません!
お詫びにこんな笑える動画があります。
半年ぐらいまえですが、いつ見ても笑えます。
元気のない方、たまには音楽以外のこれでも元気になって下さいね♪



やっぱウケる(笑)
次回はちゃんと音楽ネタで♪
[PR]

by sugapimps | 2010-05-26 22:37 | Comments(2)

雨は嫌いだが   

2010年 05月 25日

降らないと困るよね!おいしい野菜も米も育たない。そんなワケで僕の大好きなベタベタの雨の歌です。
昔、六本木にあったジョージーズのジュークボックスで聴いたこの歌はまさに雨の日に聴きたくなる歌でした。
Tempsが大好きで結成し、目標にした5人組、The Dramatics。
「In The Rain」をどうぞ♪


[PR]

by sugapimps | 2010-05-25 00:17 | Comments(5)

スティーヴィーおめでとう♪   

2010年 05月 14日

昨日、13日はスティーヴィー・ワンダーの60歳の誕生日。
歌、曲、演奏全てにおいて天才と言わしめる彼は、生まれてすぐに未熟児網膜症が原因で目が見えなくなる。
11歳の時、モータウン社長、ベリー・ゴーディーの前で歌と演奏を披露し、レーベルと契約、12歳で初アルバム「フィンガーティップス」を発売し(当初は「リトル・スティーヴィー・ワンダー」名義)、全米でNo.1となり、一躍有名になる。
1970年に、モータウンから自作のプロデュース権を獲得し、音楽出版会社「タウラス・プロダクション」を設立。以後、スティーヴィーはシンセサイザーを駆使し、殆どの楽器を自分で演奏するアルバム作りのスタイルを確立してゆく。
その後の快進撃は説明は必要ないでしょう♪
心の詞 - トーキング・ブック - インナーヴィジョンズ - ファースト・フィナーレ - キー・オブ・ライフ - ホッター・ザン・ジュライ - イン・スクエア・サークル- キャラクターズ - カンバセーション・ピース - タイム・トゥ・ラヴの名盤を発表していく訳です。
アルバム制作の際は、収録予定の曲数のほぼ10倍を作曲するそうです。僕の大好きな「キー・オブ・ライフ」は、1974年から1976年までに作曲された約1000曲から選ばれたそうです。凄すぎる♪

スティーヴィーの素晴らしさは僕が語りより、実際に見たり聴いたりしたほうが良いと思うので、
今日は17歳の彼がドラム、ギターが21歳のジミヘンという即興演奏の音源がありましたので、これをどうぞ♪
おそらく、イギリスのBBCでの遊びでやった(放送用ではない)セッションだと思います。


[PR]

by sugapimps | 2010-05-14 14:12 | Comments(8)

その2   

2010年 05月 13日

僕の文章で説明するより、口蹄疫に関して詳しく書いている記事があったので、紹介したいと思います。

http://kouteieki.client.jp/







こんな党には絶対に投票できません。
[PR]

by sugapimps | 2010-05-13 13:38 | Comments(7)

もう我慢できない   

2010年 05月 13日

民主党の嘘だらけの、いい加減な政治に日本は沈没してしまう。
鳩山、小沢、赤松、そして事実を全く報道しない東京のテレビ各社、日本を良くしようと思っているのは微塵も感じられない。恐怖を感じるのは俺だけでしょうか?
外国人住民基本法案や沖縄普天間問題、宮崎の口蹄疫、外交問題、考えただけで恐ろしいです。
俺は政治を良くしらないから、こんな事を書く資格はないのかも知れないが、日本や国民に対する愛が全く感じられない。
この事実をもっと広めなくてはと思い書きました。
音楽ファンの皆さんにはガッカリさせてしまったかも知れませんが、このままでは、いよいよ日本は日本人が安心して住めない国になってしまいます。


[PR]

by sugapimps | 2010-05-13 00:24 | Comments(7)

5年ぶりの長崎   

2010年 05月 10日

今月の29、30とJun-Bay長崎に行ってきます!
ちょうど5年1ヵ月ぶりになります。
思い起こせば長崎思案橋のライブハウスTin Pan Alley
立ち上げメンバーの男性ボーカルとして2004年の10月に
長崎に行きました。その時、東京のFunky-Tや音楽関係の仲間達
そしてのんのさんなどの応援してくれている皆さん達と
今生の別れのように長崎に骨を埋めるつもりで行ったのですが
まだまだ未熟だった僕はたった7ヶ月で挫折して
東京に戻ってきてしまいました。
その後お世話になったTin Pan Alleyの社長やメンバーそしてスタッフ、
その当時応援して下さったお客さんや、毎晩のように飲みに行った様々な
お店のマスターやママさん達にお礼を言いたかったのですが、
今回仕事ではありますがやっと皆さんと再会できると思うととっても楽しみです!!
長崎は本当に人が良く食べ物が美味しく街並みも美しい素晴らしい土地です。

今回はパリス・ロンドンと言う黒人シンガーのバックコーラスの仕事で
再びTin Pan Alleyを訪れるわけですが、呼んでくださった社長に感謝し、
きっちりと仕事をこなしてきたいと思います!

ちなみに、長崎は普通の回転寿司がバツグンに旨いんですよ!
あ~~~楽しみっ♪白身と光モノは回転寿司でもありえないぐらい絶品です!
思案橋駅前の「桑焼き半蔵」のハンバーグと目玉焼きも食べるぞ~~~っ♪

だいぶ太って帰ってきまーす!!w
[PR]

by sugapimps | 2010-05-10 23:54 | JUN-BAY | Comments(9)

Ne-Yo   

2010年 05月 07日

今日から毎週金曜日、僕が笹塚でレッスンしている某タレント事務所の生徒たちにNe-Yoの「So Sick」を課題曲にレッスンする。
今までは絢香の「I believe」ダイアナロス&シュープリームスの「Can't hurry love」またまた絢香の「おかえり」の順番できたのだが、男女混合のグループレッスンなので、キーの問題もあり中々難しいのだが、男の子は男性キーに直してレッスンして来た。みんなプロ志向(当たり前か!)の子たちばかりなので
見る見る上達している。
今度は女子がキーを移調して練習する番だ。英語の持つグルーヴ感やリズム、これは今のJ-Popには絶対に欠かせないものだ。これが出来ないと本当の意味でEXILEや絢香の歌はは歌えない。
英語が苦手という人も、プロになるには必ず通らなければ行けない事だと思う。
そして、様々な表現方やテクニックが学べる。
Ne- Yoは、黒人としては比較的メリスマの少ないシンガーなので、是非、生徒たちには頑張ってもらいたい。
今日からまた、シゴクで~!!!


[PR]

by sugapimps | 2010-05-07 13:24 | Comments(10)